2019年10月08日

カジュアルライン 試着サンプル製作中

casual201902.jpg

カジュアルラインの新モデルは現在、試着のためのサンプルを製作中です。

当初はお披露目の受注会を予定していましたが、会場とスケジュールの折り合いがつかず、工房のショップスペースオープン期間(毎月20日〜月末)にひっそりお披露目となる予定。ひとまず今月20日までの完成を目指します。

カジュアルラインの木型は現在のスタンダードライン(足を採寸して製作するライン)の一世代前の木型になりますが、当工房の木型の特徴が分かりやすく出ていますので、スタンダードラインをご検討の方にも履いていただけると嬉しいです。

靴の詳細はまた後ほど。

posted by cacica at 23:09| カジュアルライン

2019年10月01日

キャッシュレス消費者還元事業

cashless.jpg

エアペイ導入とともに申請していたキャッシュレス消費者還元事業。通知がなかなか来ず、どうなることかと思っていましたが、無事に登録事業者となりました。10月1日から来年6月末まで、対象のクレジットカードもしくは電子マネーで決済していただけると、5%のポイント還元となります。

※還元方法は決済事業者(カード会社等)によって異なりますので、ご確認の上ご利用ください。


posted by cacica at 22:54| おしらせ

2019年09月20日

Daiichi Rubber ラバーブーツRAKA 取扱い開始

新規お取り扱いさせていただく商品のご紹介です。

raka19aw.png

北海道小樽市のファクトリーブランド「Daiichi rubber」のラバーブーツ、RAKA。
。「直接加硫バルカナイズ製法」で作られた柔軟性・耐久性の高い田植え用の長靴を、機能性はそのままに、より上品な形にアップデイトし、雨の日の通勤等はもちろん、バードウォッチングやガーデニングにもお使いいただけます。

rakasole.png

柔らかいので、履き口に付属したベルトを使えばクルリとまとめられて、持ち運びしやすく、アウトドアにも最適です。

brown01.png

色味はBLACK・BROWN・BLUEGREENの3色から、今回はBROWNとBLUEGREENを選びました。

bluegreen01.png

BLUEGREENは今季だけの色。

brown02.png

履き口のベルトに付けられた真鍮金具には、北海道らしく「狩りをするキツネ」が刻まれています。

bluegreen02.png

直接加硫バルカナイズ製法は、熱と蒸気を直接吹きかけるため、一般的なラバーには出ることのない表面のムラがありますが、その自然な表情もお楽しみいただければと思います。

履いていただくと、その軽さに驚かれると思います。是非一度、お試しください。

posted by cacica at 07:27| Daiichi Rubber

2019年09月19日

アデレイド コンビネーション

adelaide01.jpg

アデレイドはコンビにしても素敵だと思います。
ヌバックは足あたりも良く、個人的に好きな素材です。

adelaide02.jpg

ソールの後足部センターライン上にエッジを立てる、フィドルバックという仕様です。

posted by cacica at 23:28| スタンダードライン

2019年09月10日

airpay

airpay.png

すでに工房にお越しの方はご存知かと思いますが、8月下旬よりairpayを導入いたしました。
開始直後はvisaとmasterのみでしたが、本日よりjcb等その他のクレジットカードと交通系電子マネー等もお使いいただけるようになりました。お支払いの際、ご利用いただければと思います。

QRコード決済の導入は今のところ未定です。

靴作り教室につきましては、業態がエアペイの対象となっていないため、月謝等のお支払は今までどおり現金でお願いいたします。




posted by cacica at 20:25| おしらせ

2019年08月22日

アデレイド セミブローグ

tme.jpg

足の幅が広いときは、つま先にふっくらと丸みを出すことでメリハリをつけます。

posted by cacica at 22:32| スタンダードライン

2019年08月20日

シューズスタンド (もしくはハンガー)

3月から8月の間に、靴をディスプレイするシューズスタンド(もしくはハンガー)を製作しました。

DSCF3030.JPG

細長いアーチ窓のついた建具を作り、そこに真鍮線を曲げたフックを付け、靴を引っ掛けて固定する構造です。
真鍮線の先端には靴ベラのような革を付け、靴に負担がかからないようにしています。

DSCF3054.JPG

正面から見ると壁のように見えますが、建具のレールを利用して立てているので、全体を移動することが可能です。
以前作った、奥に見えるアーチ型のニッチともうまく雰囲気があったと思います。

posted by cacica at 22:04| 工房改装日誌

2019年07月31日

カジュアルライン 新モデル

casual201901.jpg

カジュアルラインの新しいモデルを作っています。2013年の展開から今まで、サイドレースとダービーの2モデルでやってきたので、これが初めてのモデル追加でもあります。

足を採寸して木型から靴を作るスタンダードラインとは違って、カジュアルラインは試着サンプルで履き心地を確認してオーダーいただく、サイズオーダーのラインです。改まった場ではなく、日々の中で気軽に履いていただける革靴を目指して製作しています。

新しいモデルは秋口にお披露目の受注会を予定しています。進捗状況と併せて、受注会のこともご案内できればと思っておりますので、どうぞお楽しみに。

posted by cacica at 22:48| カジュアルライン

2019年07月20日

'19春夏ソックス その2

karmanline19ss02.jpg

今季初登場の、リネンが主素材のNORMAです。定番のシルク混のものよりザラッとした触感はリブ編みとも相まって、足に清涼感を与えてくれます。



posted by cacica at 22:54| KARMAN LINE

2019年06月16日

お客さまの靴

nyng.jpg

指先にゆとりのあるトウシェイプにラバーソール仕様。
清く正しい実用靴の姿です。

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ ワイン
裏革:ナチュラル(牛革)
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 08:25| スタンダードライン

2019年06月05日

「TRAVIS」

vincent_travis.jpg

VINCENT SHOELACEより、ヘリンボーン織りのシューレース「TRAVIS」が入荷しました。

Light indigoは本藍染。同シリーズのLight indigoとDeep indigoのうち、薄めの色味になりますが、今回分は少し濃いめに仕上がったとのことで、ちょうど中間くらいの絶妙な色合いです。

Fukugiは奄美大島の福木という植物で染めたもの。南の陽光を思わせる鮮やかな黄色が魅力的です。

どちらも天然染料なので、経年変化が楽しめるのも嬉しいところ。陽の光が眩しくなってくるこれからの時期、足元のアクセントとしてオススメです。

posted by cacica at 22:42| VINCENT SHOELACE

2019年05月10日

ワークショップのご案内

6月に大宮区指扇のatelier Madoにて、革小物のワークショップを開催します。
テヅクリダイスキ! ケースケースポーチ!
ネコ型、ハコ型のコインケースと巾着ポーチのいずれかが作れます。

madows19ss01.jpg

madows19ss02.jpg

ネコの背中の色とハコの色は赤、グレー、茶、こげ茶、黒のしわしわ革、つるつる革のマスタードと黒から選べます。巾着ポーチはしわしわ革のみです。

madows19ss03.png

madows19ss04.png

atelier Madoにサンプル作品とサンプル革がありますので、ご覧ください。

◎ネコケース
6月2日(日)13:00〜16:00 \3,400
◎ハコケース
6月9日(日)13:00〜16:00 \3,600
◎巾着ポーチ
6月16日(日)13:00〜16:00 \3,800

※費用は全て材料費込・お飲み物付です。
※要予約 定員4名
※お申込み時にご希望の色をお伝えください。

講師:Cacica 蜷 智恵
会場:atelier Mado

お申込み、お問い合わせはメールにてよろしくお願いします。
→ info@cacica.net

posted by cacica at 23:23| おしらせ

2019年05月06日

'19春夏ソックス

karmanline19ss01.jpg

KARMAN LINEより春夏のソックスが入荷しています。今回はその中から定番のGEMINIをご紹介。
今季、メンズはchamomile+mist、レディースはlime+French grayをオーダーしました。

きめの細かいやさしい肌触りのコットンソックスなので通年でお使いいただけますが、気分も軽くなるような明るめの色味は、春〜初夏の今の時期にぜひ履いていただきたい一足です。

posted by cacica at 22:48| KARMAN LINE

2019年04月23日

新サンプル

adelaide.jpg

スタンダードラインの新しいサンプルが完成しました。
紐穴周りに琴型の切り返しが入る「アデレイド」というスタイル。数ある靴の類型の1つです。
琴型の大きさや形に目が行きがちですが、全体のバランスも意識して製作しています。


posted by cacica at 22:40| スタンダードライン

2019年03月16日

お客さまの靴

先日納品させていただいたお客さまの靴です。

kbys02.jpg
リピートオーダーのお客さまで、1足目よりもう少し柔らかいソールが良いとのことで、ソール素材を変更して製作いたしました。

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ 茶
裏革:ナチュラル(前足部 豚革・後足部 牛革)
手縫いステッチ:茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 22:54| スタンダードライン

2019年01月10日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kb.jpg

甲をはじめ、高さ方向にボリュームのある足のお客さまです。

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ こげ茶
裏革:ナチュラル(前足部・後足部ともに牛革)
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 00:00| スタンダードライン

2018年11月28日

'18 秋冬ソックス

KARMAN LINEより秋冬のソックスが入荷いたしました。

kl18aw01.jpg

kl18aw02.jpg

kl18aw03.jpg

kl18aw04.jpg

ちょっと贅沢なカシミヤ混のリブソックス、足のサイズやオンオフ問わずお使いいただけるふわふわのレッグウォーマー、ウールのニーハイソックス等々。
タイツはコットンのもの、ウールのもの、どちらも布の袋に入っていますので、プレゼントにも最適です。

kl18aw05.jpg


私は自分用にハンドウォーマーを買い増し。
今使っているのはライトグレーなので、少し濃いめの色ということでカーキを選んでみました。
手首〜手の甲が覆われるので、自転車に乗る時など、袖口からの風の侵入を防いでくれます。

kl18aw06.jpg

11月のショップスペースオープン期間は月末までであと少し。
12月は20日から27日までとなります。ちょっと日数が少ないですね。

ギフトシーズンでもありますし、大切な方への贈り物を探されている方も多いかと思います。
いつもだいたい工房にはおりますが、買い出し等で外出していることもありますので、上記期間外で来店をご希望の場合は、お電話かメールでお知らせいただければと思います。

posted by cacica at 22:32| KARMAN LINE

2018年11月13日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kbys.jpg

踵がかなり小さく、通常通りのバランスにすると安定感が損なわれそうだったため、ヒールは少し大きめに設定しました。
穴飾りは通常、親子穴+シングルステッチですが、お客さまのご希望により、片側ダブルステッチと中穴の組み合わせです。

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル (前足部 豚革・後足部 牛革)
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 22:20| スタンダードライン

2018年10月27日

タピール レザーソールオイル&シュムッツブラシ 入荷しました

leathersoleoil.jpg

TAPIRより、レザーソールオイルとシュムッツブラシが新しく入荷しています。
共に、レザーソールをケアするためのもので、ブラシで汚れを落とした後、オイルを塗っていくという使い方をします。

今回はオイルを主に仕入れ、ブラシはその付属と考えていましたが、このブラシがなかなか優れもの。ココナツファイバーで出来た毛が程良い硬さで、ソールの汚れを落とすと同時に、磨り減ったソール面のケバを起こし、オイルが入りやすい状態にしてくれます。オイルと一緒に揃えていただくことをオススメします。

posted by cacica at 22:42| tapir

2018年10月15日

スタンダードライン シューツリー

shoetree01.jpg

スタンダードライン用に、シューツリーができました。
シューツリー、靴に詳しくない方には、シューキーパーと言った方がピンとくるかもしれません。
靴を脱いだ後(できれば中の湿気を放出させてから)、靴に入れておくもので、靴の型崩れを防いだり、履き皺やソールの反り返りを元に戻したりするために使用します。

shoetree02.jpg

スタンダードラインのレザーソールパッケージを展開するにあたり、自分でレザーソールの靴を履いた際に気になったのが、ソールの反り返りでした。今まではラバーソールだったので、ソールに反る癖はつきましたが、つま先が擦れにくくなる程度で、そこまで気になるものではありませんでした。
ソールが革になるとどうしても癖が付きやすく、元にも戻りにくいのです。
それでは履き皺も伸びませんし、靴を傷める原因になってしまうのではないか、そう思い、シューツリーの開発をはじめました。

shoetree03.jpg

開発の過程等は、インスタグラムをご覧いただいている方ならご存知かもしれません。
色々と試行錯誤を繰り返して、木型屋さんと家具職人さんにご協力をいただいて、ようやく納得のいくものが完成しました。

shoetree04.jpg

オーダー靴の付属品らしく、木型を元に製作した3ピース式で、ソール面は補正がある場合を考慮し、また、湿気を少しでも逃がせるように、成形に無理がない程度に抉ってあります。ヒールは入れやすいように少し小さめに。

shoetree05.jpg

このままで良い場合もあるかと思いますが、基本的にはこれを元に、お客さまの靴にピッタリと収まるよう、さらに削る、革を貼る等の調整をして納品となります。紐の色と金具の種類はいくらかお選びいただけるようにする予定です。

shoetree06.jpg

価格は靴と同時にオーダーいただきますと32,000円+税、後からオーダーいただいた場合は36,000円+税となります。開発の背景のとおり、主にレザーソール用を考えておりますが、ラバーソールパッケージのお客さまもオーダー可能です。納期は4ヶ月程を考えておりますが、先にも触れたように色々な方に協力していただいて製作しておりますので、いくらか前後するかもしれません。

shoetree07.jpg

サンプルは工房にありますので、お越しの際はご覧いただければと思います。

posted by cacica at 17:21| スタンダードライン