2020年03月21日

HAAS社の革

フランスはアルザス地方のタンナー、HAAS社の革が入荷しました。
コロナウイルスの影響でタンナーは現在一時休業中、出荷もストップしておりますが、滑り込みで間に合いました。

tanneries_haas01.JPG

tanneries_haas02.JPG

tanneries_haas03.JPG

tanneries_haas04.JPG

tanneries_haas05.JPG

tanneries_haas06.JPG

tanneries_haas07.JPG

tanneries_haas08.JPG

革の詳細はメールにてお問い合わせください。

posted by cacica at 22:11| スタンダードライン

2020年03月19日

KARMAN LINE より春夏ソックス入荷です

karmanline20ss.jpg

KARMAN LINEより、春夏のソックスが入荷しました。

明日20日(金・祝)から月末までのオープン期間、店頭にてご覧いただけますが、この時勢ではお越しいただくのもなかなか難しいかもしれません。オンラインストアにも少しずつ商品をアップしていきますので、そちらも併せてお楽しみいただければと思います。

オンラインストアはこちらからどうぞ。

posted by cacica at 23:06| KARMAN LINE

2020年01月31日

銀聯カード

ginren.png

1月初旬より、銀聯カード(union pay)が使えるようになりました。
ご使用の際はお申し付けください。
posted by cacica at 17:29| おしらせ

2020年01月04日

オンラインストア オープン

onlinestore.jpg

あけましておめでとうございます。
昨年はご愛顧いただき、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

以前より、通販についてお問い合わせいただくことが多々ありましたので、この度、オンラインストアをオープンいたしました。

どの商品も作り手が素材にも思いを込めて製作しているものですので、できれば店頭で手触り等を確認していただきたいのですが、定番をリピートで購入したい方や遠方でショップにお越しいただけない方もいらっしゃるかと思います。

まだオープンしたばかりで、カード利用申請中のため、ご不便をおかけするかもしれませんが、是非ご利用ください。オンラインストア→https://cacica.stores.jp/

商品は実店舗ほどではありませんが、少しずつ増やしていく予定です。実店舗共々、今後ともよろしくお願いいたします。

posted by cacica at 21:05| おしらせ

2019年12月14日

日本の革と欧州の革 後編

frenchleather.jpg

前回の続き。
ではなぜ、ヨーロッパの革の取り扱いを始めるのか。

工房にある靴用の革を大雑把に捉えると、日本の革は、しなやかで適度な弾力があり、足馴染みが良い感じ。対してヨーロッパの革はより硬質で張りのある印象です。(あくまで個人の捉え方です、念のため)

工房にいらっしゃるお客さまの中には、足に悩みを抱えている方も多く、そのようなお客さまには優しくフィットし補強によって剛性の調整もしやすい日本の革が適していると考えています。しかし、ビジネスシーンでのカッチリとした雰囲気の着用に耐え、より型崩れしにくいという点では、やはりヨーロッパ産の革に軍配があがります。工房にも、そういったお客さまからの要望が増えてきてきたのが取り扱いを決めた大きな理由です。大きな括りでは私たちも皮革産業の中にいるわけですし、年々高まっていくであろう海外からの需要に対して、国際的競争力をつけておこうという意味も含まれています。

もう一つの理由はEUとのEPAの発効による、日本の皮革を取り巻く国際情勢の変化です。今まで高かった関税(革の種類により高いと60%)がこれから少しずつ下がってくることによって、日本の革の在り方と外国から入ってくる革の在り方の関係もやはり変化していくはずなのです。それを、どちらにも触れることによって、当事者として見ていきたいと思っています。

長くなりましたが、こんなことを考えてヨーロッパ産の革の取り扱いを始めることとしました。本来、対外的に書くことではないかもしれませんが、現時点で感じている皮革産業と自分の立ち位置確認のためにも書いておきます。

もちろん日本の良い革も継続して仕入れていきますので、工房お越しの際には、色々と比べてみてください。それだけでも楽しめると思います。

今回の画像はフランス産の革のサンプル。輸入革につきましては、まだまだこれから揃えていくところで、在庫が不安定な状態です。色々と試行錯誤しながら進めていきますので、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

posted by cacica at 22:47| スタンダードライン

2019年12月13日

日本の革と欧州の革 前編

japaneseleather.jpg

今まで工房では、国産の革を使用していました。私自身が気に入っているというのが一番の理由ですが、もう一つの理由は日本のタンナー(革を鞣す工場です)を応援したいから。私たちのお客さまが、「作るなら地元の職人さんにお願いしたい」「日本の職人さんを応援したい」と仰って工房にお越しになるのと同じように、私たちも日本のタンナーと共に仕事をしていきたいという想いがあります。

革といえば、ヨーロッパが真っ先に思い浮かぶと思いますが、それに負けないような品質の革を作り出すタンナーが、日本にもあります。そんなタンナーの職人さんの作る良い革を探し、お客さまに紹介していくのも、靴工房の役割だと思っていますし、それが、ずっと厳しい状況が続いている日本の皮革産業の継続・発展に繋がるのではないかと考えています。

ではなぜ、ヨーロッパの革の取り扱いを始めるのか。長くなったので、次回に続きます。
ちなみに画像は日本の革です。

posted by cacica at 22:44| スタンダードライン

12月のショップオープン期間につきまして

haze.jpg

赤く色付いていた庭の櫨の木も少しずつ葉を落とす時期になってきました。

さて、12月は月末が年末年始のお休みにかかってしまうため、オープン期間を通常より少し早めて14日(土)〜28日(土)とさせていただきます。時間はいつも通り10:00-17:00、月曜定休です。

大切な方への贈り物や自分へのご褒美を探しに、是非いらしてください。

posted by cacica at 21:37| おしらせ

2019年11月30日

「avant noël 2019」

avantnoel201901.jpg

さいたま市指扇のカフェギャラリー、atelier Madoにて開催される「avant noël」展に、今年も参加させていただきます。
小さな革の小物が色々並びますので、皆さま是非、足をお運びください。
(今回はワークショップ・在廊期間はありません)

avantnoel201902.jpg

会期
12月1日(日)〜3日(火)
8日(日)〜10日(火)
15日(日)〜17日(火)
各日11:00-17:00

会期中、美味しくて身体に優しいカフェランチご利用いただけます。

posted by cacica at 20:40| おしらせ

2019年11月18日

コーディネート

coordinate05.jpg

coordinate06.jpg

elastic / Cacica
TAURUS / KARMAN LINE

カジュアルラインの新モデルにKARMAN LINEのTAURUS、パンツは太畝のコーデュロイを合わせてみました。
上半身はボリュームを抑えてスッキリさせると良いかと思います。

posted by cacica at 23:32| コーディネート

2019年11月17日

'19秋冬グローブ

karmanlinegloves01.jpg

毎年ご好評いただいておりますNORMAのグローブ。
朝晩の冷え込みが厳しくなってきたので、店頭に並べました。

karmanlinegloves02.jpg

指先が出ている手袋は寒そうに思われがちですが、身の回りのことをするのに便利ですし、丈が長めなので寒くなったら指先まで伸ばせば温かい。

ラムウールの柔らかい肌触りはいつでもつけていたいほど。
これくらいのボリューム感だからこそ、晩秋から初春までずっと使えます。

posted by cacica at 22:24| KARMAN LINE

2019年11月06日

「PAUL」

paul01.jpg

VINCENT SHOELACEより、「PAUL」が入荷しました。

paul02.jpg

アウトドアの様々な場面で使用されるナイロンコードをモチーフに作成された靴紐。
登山靴に、ではなく、タウンユースの革靴やドレスシューズをカジュアルダウンするようにお楽しみいただきたい一品です。
posted by cacica at 22:19| VINCENT SHOELACE

2019年10月21日

カジュアルライン 新モデル エラスティック

elastic01.jpg

カジュアルラインの新モデル、エラスティックが完成しました。
以前からご要望の多かったスリッポンタイプの靴です。

elastic02.jpg

片側から羽根が伸びて甲を覆う、靴としてはちょっと変わった形。羽根の下端は金具で留まり、上端にはバランスを取るようにこの靴唯一の直線部分を配置しました。踵は既存2モデルと同じ切り返しが入っています。

elastic03.jpg

この羽根は、甲部分に備えたゴム(エラスティック)を隠すためにあります。普段はそのまま脱ぎ履きしますが、履き続けてゴムが緩んで来た際には、金具を外し、羽根を開いて交換できるようになっています。

elastic04.jpg

エラスティックの試着サンプルは各サイズ、ノーマルの足囲のみとなりますので、スリムの履き心地は他のモデルでご確認いただければと思います。

追記
価格を書き忘れましたが、今のところ、既存モデルと同じ価格です。
アッパーのまとめ方が思っていたよりも手間がかかるので、もしかしたら半年後くらいに少し値上げするかもしれません。



posted by cacica at 19:54| カジュアルライン

2019年10月08日

カジュアルライン 試着サンプル製作中

casual201902.jpg

カジュアルラインの新モデルは現在、試着のためのサンプルを製作中です。

当初はお披露目の受注会を予定していましたが、会場とスケジュールの折り合いがつかず、工房のショップスペースオープン期間(毎月20日〜月末)にひっそりお披露目となる予定。ひとまず今月20日までの完成を目指します。

カジュアルラインの木型は現在のスタンダードライン(足を採寸して製作するライン)の一世代前の木型になりますが、当工房の木型の特徴が分かりやすく出ていますので、スタンダードラインをご検討の方にも履いていただけると嬉しいです。

靴の詳細はまた後ほど。

posted by cacica at 23:09| カジュアルライン

2019年10月01日

キャッシュレス消費者還元事業

cashless.jpg

エアペイ導入とともに申請していたキャッシュレス消費者還元事業。通知がなかなか来ず、どうなることかと思っていましたが、無事に登録事業者となりました。10月1日から来年6月末まで、対象のクレジットカードもしくは電子マネーで決済していただけると、5%のポイント還元となります。

※還元方法は決済事業者(カード会社等)によって異なりますので、ご確認の上ご利用ください。


posted by cacica at 22:54| おしらせ

2019年09月20日

Daiichi Rubber ラバーブーツRAKA 取扱い開始

新規お取り扱いさせていただく商品のご紹介です。

raka19aw.png

北海道小樽市のファクトリーブランド「Daiichi rubber」のラバーブーツ、RAKA。
。「直接加硫バルカナイズ製法」で作られた柔軟性・耐久性の高い田植え用の長靴を、機能性はそのままに、より上品な形にアップデイトし、雨の日の通勤等はもちろん、バードウォッチングやガーデニングにもお使いいただけます。

rakasole.png

柔らかいので、履き口に付属したベルトを使えばクルリとまとめられて、持ち運びしやすく、アウトドアにも最適です。

brown01.png

色味はBLACK・BROWN・BLUEGREENの3色から、今回はBROWNとBLUEGREENを選びました。

bluegreen01.png

BLUEGREENは今季だけの色。

brown02.png

履き口のベルトに付けられた真鍮金具には、北海道らしく「狩りをするキツネ」が刻まれています。

bluegreen02.png

直接加硫バルカナイズ製法は、熱と蒸気を直接吹きかけるため、一般的なラバーには出ることのない表面のムラがありますが、その自然な表情もお楽しみいただければと思います。

履いていただくと、その軽さに驚かれると思います。是非一度、お試しください。

posted by cacica at 07:27| Daiichi Rubber

2019年09月19日

アデレイド コンビネーション

adelaide01.jpg

アデレイドはコンビにしても素敵だと思います。
ヌバックは足あたりも良く、個人的に好きな素材です。

adelaide02.jpg

ソールの後足部センターライン上にエッジを立てる、フィドルバックという仕様です。

posted by cacica at 23:28| スタンダードライン

2019年09月10日

airpay

airpay.png

すでに工房にお越しの方はご存知かと思いますが、8月下旬よりairpayを導入いたしました。
開始直後はvisaとmasterのみでしたが、本日よりjcb等その他のクレジットカードと交通系電子マネー等もお使いいただけるようになりました。お支払いの際、ご利用いただければと思います。

QRコード決済の導入は今のところ未定です。

靴作り教室につきましては、業態がエアペイの対象となっていないため、月謝等のお支払は今までどおり現金でお願いいたします。




posted by cacica at 20:25| おしらせ

2019年08月22日

アデレイド セミブローグ

tme.jpg

足の幅が広いときは、つま先にふっくらと丸みを出すことでメリハリをつけます。

posted by cacica at 22:32| スタンダードライン

2019年08月20日

シューズスタンド (もしくはハンガー)

3月から8月の間に、靴をディスプレイするシューズスタンド(もしくはハンガー)を製作しました。

DSCF3030.JPG

細長いアーチ窓のついた建具を作り、そこに真鍮線を曲げたフックを付け、靴を引っ掛けて固定する構造です。
真鍮線の先端には靴ベラのような革を付け、靴に負担がかからないようにしています。

DSCF3054.JPG

正面から見ると壁のように見えますが、建具のレールを利用して立てているので、全体を移動することが可能です。
以前作った、奥に見えるアーチ型のニッチともうまく雰囲気があったと思います。

posted by cacica at 22:04| 工房改装日誌

2019年07月31日

カジュアルライン 新モデル

casual201901.jpg

カジュアルラインの新しいモデルを作っています。2013年の展開から今まで、サイドレースとダービーの2モデルでやってきたので、これが初めてのモデル追加でもあります。

足を採寸して木型から靴を作るスタンダードラインとは違って、カジュアルラインは試着サンプルで履き心地を確認してオーダーいただく、サイズオーダーのラインです。改まった場ではなく、日々の中で気軽に履いていただける革靴を目指して製作しています。

新しいモデルは秋口にお披露目の受注会を予定しています。進捗状況と併せて、受注会のこともご案内できればと思っておりますので、どうぞお楽しみに。

posted by cacica at 22:48| カジュアルライン