2015年05月13日

お客さまの靴

stu01.jpg

中足部が細く高く、それに対して前足部に幅がある足をお持ちのお客さまです。

足自体が柔らかいため、全体的にタイトに絞ることもできるのですが、厚さのある母趾球をはじめ、前足部にはゆとりがある方が良いとのお客さまの好みで、そのあたりはあまり絞らず、指先もスペースを広めに仕上げています。
納品時には、母趾球付近にそのゆとりからくる皺が出ていますが、履き込んでいけば気にならなくなる程度のものかと思います。お客さまと相談の上、次に製作する際には、もう少し絞っても良いかもしれません。

お客さまの好みのフィット感と靴を作る立場から見た適切なそれは、もちろん違うため、靴を製作する際には、こちらが良いと思うものを一方的に押し付けることのないように注意しています。
最適なフィット感を模索しながら一足の靴に落とし込んでいくこと。オーダーの靴は職人が一人で作るものではなく、お客さまと一緒に作り上げていくものだと考えています。

コンビの靴が好みとのことで、色は焦茶と緑の2色使い。カジュアルな着こなしに良く映える足元になるのではないでしょうか。

stu02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース こげ茶/グリーン
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 20:18| スタンダードライン